千葉 弁護士による相続サイト

0120-916-746
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益と寄与分
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • HOME
  • 特別受益と寄与分

特別受益と寄与分の問題

遺留分と共に、遺産分割において典型的に問題になるのが、この特別受益と寄与分の問題です。

特別受益とは?

被相続人が死亡する前に、相続財産に相続人のうち一人だけが住宅資金や、開業資金などをもらった場合のように、被相続人から特別の利益を受けることを「特別受益」と言います。


これらの贈与は相続財産の前渡として扱われ、調整されるべきであると判断されます。これは、死亡の直前だけでなく、何年前であっても、そのように扱われます。

特別受益については、相続人の皆様でその内容及び金額が合意できれば何も問題はありません。しかし、多数の遺産をめぐる争いに今まで関与した経験からしますと、特別受益についての争いは複雑化・長期化することが多いです。

もめるまでにきちんとした準備をしておくことが肝心ですので、他の相続人に対して特別受益の主張をしたい場合には、できるだけ専門家に相談をして、確たる証拠をそろえてから話を進めた方がよいでしょう。

※特別受益についての詳細及びQ&A

 

寄与分とは?

親の家業に従事して親の財産を増やした人、寝たりきり状態の親を自宅で介護をして親の財産の減少を防いだなど、被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をしたと評価できる場合は、民法の規定により、「寄与分」を別枠で受け取ることができます 。


寄与分については、相続人の皆様で合意ができない場合には、家庭裁判所の調停又は審判でその額や割合を確定することになります。裁判所は書面の証拠を重視しますので、寄与分を主張したい場合には、事前に証拠をきちんとそろえておくことが重要です。


寄与分の主張をするには裏付の証拠を十分に準備する必要がありますので、実際の主張方法は弁護士への事前のご相談をお勧めします。

※寄与分についての詳細及びQ&A


・姉が嫁ぐ際に、親に家を買ってもらった
・兄は、親の生前に土地をもらっていた
・兄弟の中で自分だけが親の面倒を見ていたのに、相続分が同じなのは納得がいかない

など、が特別受益と寄与分の典型的なトラブルです。

このような問題でお悩みの方は、弁護士にご相談ください。

弁護士法人よつば総合法律事務所

                                    柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階 受付時間 午前6:00~22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です。

Copyright © 2012 All Rights Reserved.