千葉 弁護士による相続サイト

遺産分割・遺留分・遺言など相続問題解決は実績豊富な弁護士事務所にご相談ください

0120-916-746
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益と寄与分
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介

相続財産の分け方と法定相続

相続財産を相続人に移すためには、全相続人の合意が必要であることは前に述べました。

全相続人の合意があれば、相続財産をどのように分けてもOKです。しかし、相続人間で相続財産の分け方に関する意見が異なる場合、法律のルールを基準とすることになります。

法定相続とは

財産のある方が、遺言せずに亡くなると、その財産は民法887条から890条により定められた相続人へ、決められた分が相続する方に渡ります。これを「法定相続」といい

法定相続人の順位または割合

順位 法定相続人 割合
1 子と配偶者 子=二分の一,配偶者=二分の一
2 直系尊属と配偶者 直系尊属=三分の一,配偶者=三分の二
3 兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=四分の一,配偶者=四分の三

遺言書がなく被相続人が亡くなると、法定相続では以下のように決められています。

  • 配偶者は常に相続人
  • 直系尊属は、子がいない場合の相続人
  • 兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人

また、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合を「法定相続分」と言います。法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのかを知るひとつの目安となります。

相続の基本
相続財産とは
遺言がある場合
相続調査の重要性
遺言
相続(一般)
相続と保険
相続と預貯金
よつば総合法律事務所

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です。

Copyright © 2018 よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.