千葉 弁護士による相続サイト

遺産分割・遺留分・遺言など相続問題解決は実績豊富な弁護士事務所にご相談ください

0120-916-746
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益と寄与分
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介

遺産分割協議書の作成

遺産分割終了後は、後日問題が発生しないように「遺産分割協議書」を作成します。

遺産分割協議書には、相続人全員の署名・押印が必要です。

相続した不動産の登記、預金や株式の名義変更、相続税の申告など、すべての場面で遺産分割協議書の提出が必要です。

 

遺産分割協議書作成の注意点

(1)法定相続人全員で作成する事が必要です

誰が相続人であるかは戸籍により決定するので、遺産分割協議の前に、必ず戸籍調査を行って、相続人を確定させてください。

(2)法定相続人全員が、署名と実印による押印をする事

印鑑は必ず実印を使ってください。実印を使わなければ、不動産登記や銀行の手続きができません。

(3)財産の表示方法に注意

財産を正確に特定しないと、財産を処分できません。不動産や預金口座等の表記方法には注意が必要です。

(4)割り印

遺産分割協議書が用紙数枚にわたる場合、法定相続人全員の実印で契印(割り印)してください。

(5)印鑑証明書の添付

遺産分割協議書には、実印の押印が必要ですが、実印は印鑑証明書と一緒になって初めて実印としての意味を持ちますので、印鑑証明書も添付してください。

尚、遺産分割で揉めている場合や、揉めそうな場合については、こちらをご覧下さい。

よつば総合法律事務所

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です。

Copyright © 2018 よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.