千葉 弁護士による相続サイト

遺産分割・遺留分・遺言など相続問題解決は実績豊富な弁護士事務所にご相談ください

0120-916-746
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益と寄与分
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介

3 遺産分割協議書のひな型書式・サンプル

前章でご紹介しました基本ルール,注意点を踏まえて,ここでは遺産分割協議書のひな型・サンプルをご紹介します。ご自身の相続にあてはまるものを探してダウンロードしてみてください。
 

(1)基本の遺産分割協議書

 

(2)法定相続分どおりに分割する遺産分割協議書

 

(3)代償分割をする遺産分割協議書

 
 ・代償分割とは,特定の相続人が遺産を取得し,他の相続人に対して代償金を支払う分割方法のことをいいます。
 ・代償分割をする場合には,代償する内容と期限を特定します。
 

(4)不動産を換価分割する場合の遺産分割協議書

 

(5)未成年者の相続人がいる場合の遺産分割協議書

 
 ・未成年者と親権者がともに相続人の場合には,未成年者について特別代理人を選任する必要があります。
 ・認知症の方など,遺産分割の判断ができない方が相続人の場合には成年後見人を選任する必要があります。
 

(6)マンションの一室や,共有不動産の遺産がある場合の遺産分割協議書


➡ ひな形書式をダウンロード 
 ・不動産の登記事項証明書の記載内容を正確に記載しましょう。
 ・マンションの場合は一棟全体と専有部分に関する記載が必要になります。
 

(7)遺産のなかに上場株式がある場合の遺産分割協議書

 ・有価証券の銘柄,株式数を特定しましょう。株式分割等で株式数が替わっている可能性がありますので,必ず分割時の最新の情報を確認しましょう。
 ・上場株式の場合は売却できる株式数の単位がありますので,単位未満の株式数になるような分割はしないように注意しましょう。
 ・未受領の配当金がある場合には,名義変更の手続きをする証券会社から,配当金について遺産分割協議書に記載するよう求められることがあります。
 

遺産分割協議書についてはこちらもご覧ください

よつば総合法律事務所

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です。

Copyright © 2018 よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.