分かりやすく、利用しやすい費用体系がモットーです。

当事務所では、実際に案件をスタートする際の初期費用(着手金)は事案によって0円となっています。また、費用体系についてもできるだけ明確に表記しています。詳細は弁護士費用のページをご覧ください。

事案によって初期費用0円の理由

全相続人の同意がないので預金口座から預金を下ろせない場合、不動産はあるが手元の現金が今は少ないという場合、相続税の支払期限が近いので税金の支払を優先しなくてはいけない場合など、弁護士費用の支払いを後にしたいということが多いです。

そのようなご要望に応えるため、当事務所では事案によって初期費用(着手金)は0円となっています。