相続放棄をしても、生命保険金を受け取ることができます。

相続放棄って?

相続の放棄とは、相続人が相続開始による包括承継の効果を全面的に否定する行為のことを言います(民法938条)。と難しく書きましたが、簡単に言うと、遺産はいらないよ、という意思表示をすることを言います。

相続の放棄をするためには、「いらないよ」という意思表示をするだけではなく、「自己のために相続が開始したことを知ったときから3カ月以内」に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなくてはなりません。

ただし、相続の放棄は、相続人が相続財産の全部・一部を処分してしまった場合(単純承認といいます)にはできなくなりますので、むやみに相続財産を使ったりしないように注意しましょう。

なお、「相続放棄」と「相続分の放棄」を混同している方がいらっしゃいますが、両者は似て非なるものなので注意しましょう。

「相続分の放棄」とは、自己の相続分はいらないという意思表示であり、相続人としての地位は失われません。したがって、相続分の放棄をした場合、プラスの財産についてはもらえませんが、マイナスの財産については負担義務を負うのでなおさら注意が必要です。

相続放棄をするとどうなるの?

相続放棄をした相続人は、最初から相続人ではなかったものとして扱われます(民法939条)。つまり、相続においてその人は最初からいなかったものとして扱われることになるのです。

最初から相続人ではないということは、相続財産を受け取ることもできません。また、マイナスの相続財産があった場合に、それを相続することもありません。

とすると、相続放棄したら生命保険金も受け取れないのか?

相続放棄したら相続財産を受け取ることができないということは、被相続人の死亡によって下りる生命保険金も受け取ることはできないのでは?という疑問が生じますね。

しかし、生命保険金は相続放棄をしても受け取ることができます。

なぜ相続放棄しても生命保険金を受けとることができるのか?

それは、生命保険金はそもそも相続財産に含まれないからです。

保険金の受取人としてある特定の相続人が指定されていた場合、被相続人の死亡によってある特定の相続人は、相続人の地位ではなく、保険契約における「受取人」の地位に基づいて保険金を受け取ることになるからです。分かりにくいですが、生命保険金は被相続人の死亡によって、受取人となっている特定の相続人の固有の財産になるのです。

なお、受取人として特定の相続人が指定されておらず、単に「相続人」と記載されていたような場合でも、各相続人の法定相続分に応じて、固有の財産となるため、相続放棄しても生命保険金を受け取ることができます。

また、生命保険金を受領したことをもって単純承認したことにはなりません。

相続問題を動画で解説