配偶者や子のような、兄弟姉妹以外の法定相続人です。

遺留分の減殺請求権利者について

遺留分減殺請求権は、相続財産の一定割合を本来の相続人に確保する制度です。簡単な例でいうと、「愛人に全財産を贈与する」というような遺言書があった場合に、残された家族の生活を最低限保護しようとするものです。

そこで、遺留分は、兄弟姉妹以外の法定相続人(※)に与えられています。遺留分の権利を持つのは、法定相続人(兄弟姉妹を除く)、すなわち、配偶者と子供、あるいは父母(直系尊属)といった相続人ということになります。

※法定相続人とは、故人の「①配偶者」と、「②血縁関係にある親族」のことをいいます。「②血縁関係にある親族」とは、第1に「子」、子が他界している場合には「孫」(直系卑属)のことをいい、子等の直系卑属がいない場合には、第2に「父母」、父母が他界している場合には「祖父母」(直系尊属)、子等の直系卑属も父母等の直系尊属もいない場合には、第3に「兄弟姉妹」のことをいいます。

相続問題を動画で解説