相続手続きはほとんどの方が初めてです。

身近な方が亡くなったというだけでも大変なことだと思います。そのため、親族の間で争いにならなくても、相続手続きは多くの方にとって大変なものとなるでしょう。

相続手続きが親族の間で争う「争族」になってしまうと、遺産分割が進みません。その間、慣れない遺産の管理や初めての裁判…など、時間的負担や心理的負担がかかってしまいます。

また、争族の特徴としては、相続人同士の争いというより、長女一家と長男一家の争いというように、親族を巻き込んでの争いとなってしまいます。つまり、相続は、一家に時間的や心理的な負担をかけてしまうのです。

相続人の方が行える相続予防もございます。紛争の解決のみならず、紛争の予防のためにもお役立て下さい。

相続問題が発生しても、タイミングや方法いかんによって、その争いを最小限に抑えることも可能です。

争族に関する知識があるのとないのとでは、解決までの時間や結果に大きな差がでます。

法律の説明と言っても、できるだけ、分かりやすく記載することを心掛けましたので、是非、お読みいただいて、ご参考下さい。