お困りの問題 : / 担当弁護士 :

遺産分割調停での事例をご紹介します。

事案の概要

亡くなられた方 母(千葉県流山市在住)
相続人 夫と子供2名
遺産の内容 遺産約3億円、土地・建物・有価証券・預貯金等あり

事案の経緯について

お母様がお亡くなりになり、相続人は、お父様と兄弟2名という状況でした。前の弁護士が遺産分割調停の代理人をしていましたが、全く手続が進まなかったために、当事務所がお父様と兄弟1人の代理をしました。

解決方法

財産の整理をした上で、双方の希望を聞いたところ、大きな争いが双方にあるわけではありませんでしたので、裁判所での調停手続は私たちが代理したあと1回で終了し、調停にて解決しました。


※上記の事例は当事務所で実際にお取り扱いした事例ですが、プライバシー保護のため、事案の趣旨を損なわない範囲で居住地・遺産の額・家族関係等につき事実関係を変更している場合があります。ご了承ください。